ここは筆者の普段の生活を綴っております。
------------------
2月23日(水)
機窓から

アリゾナ特急出張からの帰りの便。

これだけ飛行機に乗ることが多い中、毎度感じることだけど、飛行機の窓から見える景色は本当に感動的。
特に夕暮れから夜にかけて。
大都会のイルミネーションの絨毯みたいな場所から何も見えない暗闇の中にポツポツと光が見えるときも。
それでも光の下には人々がいて。。。
特に暗闇の真ん中に煌々と光る突然球場が見えると一際じーんとする。

今回の出張もそうだけど、何かをやはり作り出すこと、協力すること、何かを生み出すことに感動があると思う。

後少しで、今の会社で1年を迎える。 




------------------
2月14日(月)
大先輩

大先輩がプレ・シーズン入りをする前にNYでプレ・プレ・シーズン。 

寒い中、手を抜かずトレーニングしていました。 
1週間、ゆっくりと色々と話すことも出来ました。 

昨日キャンプ地に向けて出発。 

今季も宜しく御願いします。 
 


------------------
2月10日(木)
アイス・サッカー

久しぶりにサッカーが出来るようになりました! 

出張とか何やらで走ったり、筋トレとかをちょこちょこやる程度が、NYに帰ってきて「サッカー」が出来るように。 

でも寒すぎて、汗の染み込んだウェア、髪の毛、食べ終わったバナナの皮、スポーツドリンクがすぐに凍ります(笑)。 

(写真はNYにある駐車場をくり貫いて作られたサッカー施設)

 



------------------
2月8日(火)
「石田三成」読了

肌が痛い、マイナス11度。

「石田三成」を読了。

著者の視点により、正悪が変わりますが(この場合、徳川家康が悪者風に書かれている)、
25歳時から豊臣秀吉の下、従五位下治部少輔に就任するなど、とにかく若い(他の武将たちもですが)。

命を懸けたそんな若者たちの歴史書を読んでいると、スゴイなぁと、ただただ感心するのみです。 



------------------
2月7日(火)
つかの間の春

肌が痛いほどの極寒の合間をぬって0度を超える日が続きました。

先輩に手伝っていただき、ベランダにたまった雪かきついでに、雪だるまを!

おかげさまでベランダから自慢のマンハッタンビューを(小さっ!笑)。

しかし、また寒くなりそうです。 

 



------------------
2月6日(日)
刺激

アメリカのリーグもキャンプ入りの季節。

日本のお手伝いをさせていただいている選手たちもそろそろアメリカ入り。
そんな中、大先輩は早めのアメリカ入りで、我が家にて自主トレ。

横で朝から晩まで、身体を鍛え、気を遣っているお手本がいると、やはり刺激を受ける。
自分も身体を大事にしなくては、と、なる。
一人では出来ない練習をほんの少し手伝ってもしんどい!

やっぱり常に忘れないために、鏡の横に鍛えられた人の写真を貼っておこうかな。



------------------
2月5日(土)
冬ニューヨーク

日本のテレビでも報道されるほどの寒波。 

0度を超えると暖かく感じるのだから、感覚がアテにならない。 

寒いけど外には出ないといけない。 
SOHOのお店に入ったら、隣に見覚えのある濃い顔の人が。 
ルイス・フィーゴだ! 

あっという間に姿をくらましました。 

その後、ニューヨークコスモスのオフィスにお邪魔。 
昔の伝説のクラブ。 
壁にどどーんと迫力あるロゴが。 

やっぱりかっこいいものですね。

  
 


         Copyright © 2002 Takehiko Nakamura.
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO