ここは筆者の普段の生活を綴っております。
------------------
1月30日(日)
ウトウト

NYに帰還して6日目。

この1週間はやはり疲れたなぁ〜。今ひとつ能率の悪い週でした。
頭ではすぐに回復、
もう大丈夫と思っても、実際の所はぜんぜん。
歳かな(笑)。

家のソファーではすぐにウトウトしてしまってたし、会社でも先送りにしがちなプロジェクトもあったり、
ちょっとしたことですぐにイライラしたり、と本来の感じではなかったかな。

とまぁ、久しぶりに家でこの土日はゆっくりと(努めて)。
昼間に友とランチをしたり、
家でゆっくりと妻とまだ手付かずであった引越しの箱の整理をしたりと。
ソファでもウトウトしたけど、やっぱり疲れが心身共に溜まってたんだな、と実感。

でもいつまでもそんなことは言ってられない。そんな立場じゃない。必死にやらなければ何も得られない(笑)!

いつもサポートしてくれる妻、相棒、そして友達に感謝!

今週は巻き返します。 



------------------
1月23日(日)
観る目を鍛える

やっと出張から開放されます。
明日、NYに。

東京>大阪>京都>東京>NY>フォート・ロデール>ボルチモア>チャールストン

44日間。大充実。

チャールストンでは、独立リーグ選抜トライアウトのスカウティング業務及び、日本から参加した選手のコーディネーション。
2日間で9試合ぶっ続けでスカウティングしたのは人生で初めて。

色々な選手の観方、角度、会話、性格、リラックスしているときの様子、試合中の言動やプレーの質、アピールの仕方、日米サッカーの差、などなど。
日本からの専門家と一緒に色々と話しながら選手のメモは膨大な量に。夜はその整理に、目に留まった選手の更なるリサーチ。
物凄く鍛えられました。
そして選手を簡単に貶すことが出来ないことを再痛感。

フロリダのMLSのコンバインとはまた異なり、独立リーグの監督たちも一同に介し、この仕事の難しさを一段と体感。

NYに戻ったらまだ休めそうにありませんが、少なくともホテル暮らしではないのが楽しみです。



------------------
1月18日(火)
出たっ

今日、銀行に小切手をDepositに行った際のアメリカ人の典型的な話。 

窓口で、Depositをしようと思った小切手の日付が二重線で訂正されていたため、窓口のおばちゃんに
「これ、訂正主の訂正印がないと駄目だよ」と拒否されました。 

アメリカに来て間もない頃であれば、言われたとおり、真面目に小切手の発行主に訂正印を貰うためにわざわざ送り返したと思うけど、
一々そんなこと時間も手間もかかるからやってられない。 

しかもここはアメリカ。窓口の担当毎に言うことが違うことは知っている。 

なので、そ知らぬ顔で、列に並びなおして、違う窓口に同じ小切手を持って行ったら予想とおり、何てことはない、
普通に何も文句を言われることなく、Depositしてくれました。 

出たっ。アメリカ人の担当によって異なるルール。社内統一規定とかあってもないようなもの。 

ただそれだけの話なんですが。。。



------------------
1月15日(土)
ボルチモア・帰NY

フロリダからボルチモア。 
MLSドラフト会議に出席し、NYに。 
(サッカーアメリカに取り上げてもらえました。) 

見たことがない程小さなプロペラ機でNYに帰る時はさすがにびびりました。。。 

ホテルを転々とし、出張が重なっているから気持ちがちょびっと荒んでいるからか、若干気持ちが曇りがち。仕事のキレも鈍り気味。
でもこういう時励まし方がアメリカ人は上手だよなぁ、と感心。 
肉体労働故にこういう時こそ、きちんと体調を整え、身体もしゃきっとしておかないと頭もきちんと働きません。 

一先ずはNYで4日間ゆっくりできるので静養と、出張中はPCの前に座っている時間がなく、ブラックベリーで仕事をしているので、
久々に机に向かって落ち着いてがむしゃらにやってきた仕事を少しでも整理。 
そして、その後、すぐにまた1週間ほどチャールストンに出張。 

これが終われば当分は出張がないので、ラストスパート! 
散髪も行きたいな。 

  



------------------
1月12日(水)
フロリダ

日本からNYに戻って翌日の朝にはフロリダ入り。 

日中はスタジアムでMLSのドラフト会議前の最終選手チェック。 
その後はホテルで各クラブと諸々打ち合わせ。 
色々と勉強になる、なるほど、なるほど。 
勉強っていいですね。興味があれば、なおさら。 

強行軍だったけど、元旦から続いている早朝ランニングで強制的に時差ぼけを直す。 
フロリダでもスタッフと毎朝暗いうちからスタート。 
昨日の朝は、ネルソンも参加。 
大の負けず嫌いの彼はやはり最後に本気ラストスパートで皆を置き去りにし、跪いて歓喜のゴール。 
変わってなかったです。 

今から温暖なフロリダから、極寒ボルチモアに移動をし、いよいよドラフト会議です。

 


------------------
1月9日(日)
帰NY

雪が積もるNYに昨晩戻り、今朝昼過ぎにフロリダに来ました。
MLSのコンバインと、MLSのスーパードラフト会議出席。
同じアメリカなのに、フロリダは短パン、半そでの暑さ。
日本で貴重な時間を割いていただくことが出来た皆さん、本当にありがとうございました。
しっかりとこのまま邁進していくことが出来れば、と考えます。

日本での最後は、妻と伊勢神宮に初詣に。
山もあり、海もあり、素敵な場所でした。
日本人であることに感動しました。
何も計画をせずに出向いた僕らは、FCJの後輩であるヒロとお母様の地元ならではのガイドのおかげで本当に短時間な中、
満喫しつくすことが出来ました。お二人がいなければ、観光スポットも本当の地元民が愛すお店や味などにも気がつかず、
素通りしてしまっていました。
お二人のおかげで、短期間ながらに、鳥羽・伊勢の良さを目一杯見させてもらうことが出来、お正月早々に、
二人には本当に感謝深謝です。

お正月は実家に妹夫婦もきて、姪と甥と戯れました。
本当に可愛くて、癒されました。次会うときは成長が早いから大きくなっているだろうなぁ。
覚えていてくれるだろうか?

またわざわざ最後に選手の皆様と久々に日本で再会。
シーズン中は、アメリカ全土に、はたまた違う国のリーグに散らばっているので、そう簡単には会えないのですが、
家族ぐるみで会えたりして、これも感謝深謝。逆にこっちが力をもらえました。

アメリカに戻る早々中々信じられない所に敵が潜んでいることがあり、凹んでもいられないのですが、
プライベートで充電出来たことを励みにやるべきことをしっかりとやっていきたいと思います。



------------------
1月2日(日)
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 

昨年「も」皆様に本当にお世話になりました。 
本年も何卒宜しく御願い申上げます。 

年始は、快晴な中、大先輩と一緒に地元を初走り。 
部活に興じた中学校のグランドや、地元のあちこちを昔のことを話しながら走らせていただき、気持ちよく切り上げるか、
と思いきや「最後、一本だけ追い込むぞ」 

心臓破りの坂ダッシュ。(町田は起伏に富んだ町なんです) 

出張の合間、合間、お手伝いをさせていただいている選手の皆様より色々なメニューをいただき、
年末年始は自分の「草」サッカーのためにトレーニングを再開してたが、坂道の頂上に着いた!
と思ったら死角になっていたカーブを曲がった先にさらに上までカーブが続き、大先輩の背中は遠のくばかり。。。 

死にそうになっている所へ 

先輩: 
「こんなにゼェゼェ、ハァハァ言うこと草サッカーじゃないだろ?」 
「さて、今日は初走りだし、ゆっくりだったな。明日追い込むかな。」 

ありがとうございました。


 
 


         Copyright © 2002 Takehiko Nakamura.
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO