ここは筆者の普段の生活を綴っております。
------------------
8月27日(金)
後輩づくし

朝、自分の通った大学院UMASSのスポーツ経営学の学部生に籍を置く後輩の訪問を受け、朝食を一緒に。
わざわざ日本からの帰り道に足をNYに運んでくださり、色々としっかりと考えられていて、
良い刺激をもらいました。

お昼、MLS時代の自分のインターン生で、現在MLSのクラブで頑張る後輩が、
NYレッドブルズ戦のアウェーでNYに来ているとのことで忙しい中、わざわざ昼食を
一緒に食べる為に訪問してくれました。顔つきとか随分逞しく変わっていて、
色々と彼の現状とか将来について色々と話すことが出来ました。

夜、UMASSの大学院をつい先日卒業し、彼が在学中にMLSで、やはり自分のインターン生として受け入れ、
一緒に働いた後輩の訪問を受けました。レゲェの長かった髪を坊主にしていて驚いたし、
来週早々に母国へ帰る前にわざわざ寄ってくれ、母国に帰ったら何をしたい、
などの夢を聞かせてもらえました。

本当は、その先にもう一人UMASSのスポーツ経営学部の後輩で、同時期に留学中だった後輩とも
会う予定でしたが、それは都合が合わず。

こうして律儀にわざわざ訪問してもらえたことに「深いありがとう」と、
説明しがたい温かみを覚えましたし、皆の成長ぶりにすごいなぁって。何か感動しちゃいました(齢?)。

同時に後輩が何人も出来るほど、アメリカに長く居るんだなぁ、と感慨深い帰り道に。

皆がそれぞれ逞しく進んでいるのを見て、これから先も頼ってもらえるような先輩で居続けられたらな、
と前向きな焦燥感をもらえました。



------------------
8月26日(木)
誕生日

今日、昨日、一昨日と自分の身近で誕生日が連発。

・自分の会社のパートナー
・自分の尊敬する大先輩
・自分の尊敬する恩師

誕生日っていいな、と思う。

親にやはりその庇護に感謝をするし、改めて気を入れなおせる。
(当然、誕生日じゃなくてもするべき)

あぁ、もう幾つとは思わず、今が最高ってやっぱり言えながら生きて行きたいし、
そういう仲間に囲まれていることに感謝。 



------------------
8月23日(月)
27時間

オフを利用して、NYまで中学校来の大先輩、山田卓也さんが来てくださりました。  
現在タンパベイ・ラウディーズで活躍中。日本人として初めてキャプテンマークを巻いてます。  

滞在時間延べ27時間中で、NYの名所を巡ったり、山田さんのNYでのお友達の皆さんとゆっくり歓談をしたりで、
色々なことをした割には、バタバタはせず、結構27時間で色々と出来るものなんだな、と実感。 

普段電話やSkype越しに話しはするものの、直に額をつき合せて色々と話すことも出来ました。 
束の間の休息に、強行軍をありがとうございました。次回はもっとごゆっくりと寛いで行って下さい。



------------------
8月16日(月)
来客のある幸せ。

海外にいると日本からの来客はやはり嬉しいものですし、興奮します。 

NYにいると気がつくものですが、土地柄、多くの方々が立ち寄られる場所であり、来客に恵まれることは幸せなことです。 

■NYを訪れている大学生たち十数名向けの講演会。 
干支が一回りも下の彼らの純な姿勢や、質問に新鮮さを感じたりしてしまいました。 
汚れてないですね。
自分も浄化してもらえました。 

■妻の大学時代からの親友とだんな様。 
前から思っていたけど、普段知らなかったような場所のことを来客される方々の方が良くご存知で、
今回も長年NYにいながら知らなかった「リバーサイドカフェ」に。 

妻親友夫婦の新婚旅行と言うことで、素敵なレストラン。 
マンハッタンブリッジも絶景でした。 
詳細はまた後日にしますが、自分たち夫婦にとっても思い出深い晩御飯となりました。 

■MLS時代の上司宅に夏のBBQへ。 
元同僚たちと今の会社の話や、昔話に花を咲かせ、ちびっこたちとも庭でサッカーに興じ、お父さんチームが
ちびっ子チームに惜敗(9-7)。 
ちびっ子相手の試合だから手を抜くお父さんたちばかりなんですが、負けた僕は心底憤怒。負けず嫌いは損です。本当に損です。 
上司宅には立派なプールもあるものの、ちょっと連日のアクティビティで体調不良気味。 
ちびっ子たちが
ばしゃばしゃやっているのが気持ちよさそうだったけど、プールは我慢。 

■今晩も、明日も、日本からの来訪者とお目にかかる機会があり。 

■今週末にはもしかしたら、チームのオフを利用して敬愛する大先輩のご来訪も。 

こんな体調を崩している場合ではない。 
今日はレモン、生姜のジュース。

  



------------------
8月9日(月)
他人の家族、自分の家族

以前、同業の人から聞いた話。

「我々は、多くのご家族や、子供たち、そしてお客様に楽しんでもらうための仕事に関わっている。
そんな立場の同業者で、良く自分の家族を二の次にしてまで仕事に打ち込んでいるのを見かけるが、
我々が、自分自身の家族を大事に出来ないようでは、他人様を大事に出来るのだろうか?と、
考えてしまう。」

この記事を読んで、その言葉を思い出しました。




------------------
8月5日(木)
一喜一憂しないこと

毎日、新規事業開拓にパートナーと日々苦しんでます。
そしてとても忙しい。でも、新会社で忙しくなかったら致命傷。

予想していたことが予想とおり行かなかったり、予想していなかったような仕事が舞い込んできたり。
大事なことは色々とあるけど、一番最近気をつけていることは
「一喜一憂しないこと」
これをしていると非常に疲れます。

なので、まだまだすぐに一喜一憂してしまいますが、ある程度泰然と、
仕事に取り組めるようにはなってきたかな、と。
目先の利益も大事だけど、その先の発展性や、「肉を切って骨を絶つ」も
忘れてはいけない視点です。

後は、いかに海外サッカーが色々と早く動いていて、いかに多くのキーパーソンがいることか。
日々、新しい出会いがあり、本当に世界中で行われているサッカーだけに、その世界も広い。
視野を狭くした途端に発展性が失われる。それが肝となってきます。
タイで最近大きな功績を残されました師を観ていてもそう感じますし、
ここアメリカのMLSの最近の半端ない成長を肌で感じていると、大きな興奮を感じます。

始業して4ヶ月、ある程度最初に立てた事業計画書に沿って形を整え始められたかな、
と感じつつ、「コアビジネス」ときちんと呼べる様になるにはまだまだ、と自分たちで叱咤激励です。

パートナーと切磋琢磨しつつ、でも支えあえることが出来ることが我が社の一番の強みかも。
お互いに自他共に認める濃いキャラの二人でありつつも、昔の苦労時代から
知り尽くしている二人だからこそ、そこには同士のリスペクトが存在し、
そして単純に仲間と言う感覚も。単純なことで言えば、この企画書どう思う?
から出張から戻ってきて「ただいま」と言うふとしたことまで、大事なんです。

パートナーも勿論そうですが、人生のパートナー、妻の理解もなくては恐らくはこのような
ステップも取れませんでしたし、それはそれは凹むこともあります。でも、いつもそこで支えて
くれる妻には深く感謝です。

経費にも、うるさくなります。バルサ時代のようなバブリーなことはもうしません(笑)。
常に夜景満点のような高級ホテルも当分お預けです。使う全ての出費、
経費は「投資」として考えるようにしています。これだけ投資したら将来幾ら回収できるだろう、と。
セコイけど、ビジネスの基礎か、と。

また、自分かパートナーが常に弊社代表なので、お目にかかるお相手がどのように
ビッグな方でもきちっと失礼のないように、でも堂々としなくてはいけないことも、
成長に役立つと感じています。

つい最近、大きな案件を固めることが出来ました!!ので、これを基礎に、
でもそのさらに先を見据えて、会社を発展させるために、そして皆が楽しんで行くことができれば、
と考えます(近日中にプレスリリースを出す予定です)。

頑張れ!ではなく、楽しめ!ですよね。
www.leadoffsportsmarketing.com 



 


         Copyright © 2002 Takehiko Nakamura.
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO