ここは筆者の普段の生活を綴っております。
------------------
12月31日(水)
2008年を振り返って

2008年がいよいよ暮れます。 

後、3時間程度で、セントラルパークで開催される「ミッドナイトラン」に参戦します。
6キロ程度の新年と同時にスタートをするレースです。2007年の大怪我から復帰するためと、
このレースのためにこの半年間走り続けてきました。こんなに継続して走ったことは人生において初めてです。
出張先にもスニーカーをいつも持参しました。 
お陰で体重も半年で9キロ落ちました。サッカーも元気に出来ております。 

さて、毎年恒例の一年を振り返る日記を書こうと思います。 
色々とあり、あっという間に過ぎ去った一年でした。 
2007年のような大怪我もなく、健康でした。 
結婚もしました。 
毎年、毎年が早く過ぎて行く気がします。 

■1月 
・ギブスと松葉杖が取れる 
・NY Japionの巻頭特集に取材していただく 
・スポーツビジネスの権威雑誌、Sports Business Journalに取材していただく 
・ハワイに移動 
・パンパシフィックチャンピオンシップの準備のため現地入り 

■2月 
・スポナビに取材していただく 
・第一回パンパシフィックチャンピオンシップ立ち上げ、開催 
・ガンバ大阪が見事初代王者に 
・プロポーズ 

■3月 
・平野選手USL移籍決定 
・ネルソン昇進に伴う上司交代 
・FCJ監督としての後期リーグ開幕 

■4月 
・誕生日 

■5月 
・アジアツアー(日本、韓国、中国)3週間の出張 

■6月 
・EURO2008 
・FCJ歴代最高の4位で監督としてシーズン終了 

■7月 
・スーパーリーガ、べニューマネジャーとしてダラスとヒューストンに一ヶ月出張 

■8月 
・スーパーリーガ、べニューマネジャーとしてボストンへ 
・エクアドル代表対コロンビア代表メニューマネジャーをNYで 
・原田慎太郎選手USLベスト11に 
・1年10ヶ月ぶりにFCJの練習に選手として復帰 
・UMASS時代の親友の結婚式でフィラデルフィアへ 
・FCJの先輩・親友の結婚式 
・北京五輪サッカー日本代表戦の放送資料をNBCのために作成 
・高校時代の旧友来訪 
・NEC時代の旧友来訪 

■9月 
・Jリーグの北米研修帯同で、コロンバス、ダラス、LAを回る 
・1年10ヶ月ぶりにFCJ公式戦復帰 
・UMASS卒業生ページに取り上げてもらえる 

■10月 
・入籍 
・結婚パーティ 

■11月 
・恩師S氏NY来訪 
・元上司のアイヴェンがアーセナルCEOに就任 
・地元の町田ゼルヴィアがJFL昇格 

■12月 
・日本出張第二回目 
・バーモントの田舎に家を借り、小旅行 

今年もこうして過去の日記を読み返しながら振り返りましたが、ここに書いた以外にも本当に色々とありました。 

忙しいことは本当にありがたいことで、さらに肝に銘じさせられたのは「忙しいのは自分だけじゃない」と言うこと。 

更に、「一人で出来ることは限られている」と言うことで、本当に今年も多くのそれこそ数え切れない程、
多くの方々の支えがあったからこそ、これだけ充実した「今」が楽しい一年だったんだと改めて感謝をしております。 

2008年も本当に皆様に大変お世話になりました。 
2009年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 



------------------
12月29日(月)
心の洗濯

数少ない休暇を利用して、友達夫婦とバーモントの田舎町に一軒家を借り、雪の積もる山奥で数日過ごしてきた。
NYから4-5時間程度のドライブ。 

数分で歩き回れてしまう可愛い街から、更に人里離れる所へ運転して10分程度の所。 
周囲に何もない所に一軒だけ家がぽつんと立つ。目の前は雪原で、裏庭は川。 

・近所のアットホームなゲレンデでショートスキー。 
・裏山でソリ。 
・雪原でカマクラ造り。 
・晩御飯は、毎晩、地元の市場で買出しをした天然素材を使った自炊。 
・食後は作りつけの暖炉を囲ってウトウトと。 
・満天の星空。 

パソコンも携帯も繋がらない山奥で、心の洗濯が出来た。 

雪山に遊びに行くのは7年ぶり位だろうか。 
学生時代、サラリーマン時代は、毎週末のようにスノボに繰り出し、親に車を酷使し過ぎだと怒られ、
更にはウィスラーに1ヶ月スノボ留学をするまでになったのが、アメリカに来てからは
全く行かなくなっていただけに、久々に風を切ってスカっと本当にした。 

帰り道に、留学時代の母校UMASSのキャンパスとダウンタウンに途中下車。
当時通ったカフェも何も変わっていなかった。学生時代に何を想って過ごしたかなどと感慨にも耽るつもりが、
意外にも田舎町を歩きながらそう懐かしくもなかった。 

マンハッタンの夜景が近づいてきた帰り道の車中、ほっとするような、引き返したいと想うような、両方の気持ちに。
都会も田舎もどっちも良い面、悪い面があり、甲乙つけ難い。 

携帯の電波が届き、一気に受信したメールと留守番電話にぎょっとし、明日はオフィスは営業をしていないけれども、
年末を迎える前に一仕事しに出社しようと想う。 

心をすっきりとさせてくれた旅行と、友達夫婦に深く感謝です。

   

------------------
12月24日(水)
怖い仕事納め

今日でMLSは仕事納め。 

来年の1月5日まで休みです。 

嬉しいはずだけど、怖い。 
何故なら、日本・韓国・中国はまだ終わっていない。 
なので、何か日中韓であった場合に、アメリカ側の対応が遅れる。。。 

これだけ纏めて休みが貰えると罪悪感もある。 
でも年間通してどれほどの週末を仕事に取られたかを考えればこれぐらい。。。 

調べてみると、年間通しての国民の休日は日本の方が多いんですよね。 
休めるかどうかは別にして。。。 
アメリカは休日に関係なくいきなり休みますしね。。。



------------------
12月20日(土)
NYに帰還【備忘録】

今日でMLSは仕事納め。 

来年の1月5日まで休みです。 

嬉しいはずだけど、怖い。 
何故なら、日本・韓国・中国はまだ終わっていない。 
なので、何か日中韓であった場合に、アメリカ側の対応が遅れる。。。 

これだけ纏めて休みが貰えると罪悪感もある。 
でも年間通してどれほどの週末を仕事に取られたかを考えればこれぐらい。。。 

調べてみると、年間通しての国民の休日は日本の方が多いんですよね。 
休めるかどうかは別にして。。。 
アメリカは休日に関係なくいきなり休みますしね。。。



------------------
12月20日(土)
NYに帰還【備忘録】

夕べ無事にNYに帰ってきた。 

【飛行機】 

飛行機には数え切れないほど乗っているが、相変わらず機内での疲れの取り方が上手にならない。 

ただ、今回嬉しかったのは新しい機体だったので、映画が色々とオンデマンドで観れたこと。
Jason Bourneシリーズを最初から全部見直し、まだ時間があったので、Usual Suspectを久しぶりに鑑賞した。 

【読書】 

読む本も日本で購入出来、白州次郎の「プリンシパル」を。勝手にファンです。
宮崎学氏の「突破者」が見つからず・・・。
勝間和代氏の「お金は銀行に預けるな」は読破。 

【時間を買う】 

さて、今回も2週間と、休暇であれば十分過ぎるほどの時間であったが、そこは仕事で、
毎日最低3つから4つは打ち合わせを入れて回る日々。 

お蔭様で、都内各所を回ることが出来、移動中の電車やタクシー内で景色を観ながら懐かしむことに努めた。
交通費だけで10万以上使用。携帯だけで6万円近く。でもこう言う時は「時間を買う」ことも重要と考える。 

門前仲町、日本橋、東銀座、新橋、汐留、渋谷、新宿、表参道、青山一丁目、麻布十番、赤坂、外苑前、千駄ヶ谷、
御茶ノ水、本郷一丁目、中目黒、恵比寿、横浜、新高島、読売ランド前、淵野辺、品川、羽田、町田、東戸塚など 

ただ、2週間では全然足りない。今回も会いに行きたかった多くの方々の下に訪問することが出来ず、
年に一回か二回の短期出張に疑問を感じ始めている。 

【急進中の太平洋地域のサッカー界】 

アジア事業をさらに展開するためにもお会いいただくことが出来た皆様から貴重なアドバイスや、
様々なお話を聞くことが出来た。新規事業を考える上では、とても貴重なお話ばかりである。
今後、もっともっと色々な方々にお会いし、もっと時間をかけて議論し、もっと時間をかけて上質なアウトプットを
醸造したいと感じた。色々な方々に会う中で、もっと時間をかけて話を深めていくことが出来れば、
もっと面白い企画が出てきそうだな、と痛感。 

会うサッカー関係者皆様から日本のサッカー界、そしてアジアのサッカー界はものすごい速さで動いていることを毎年感じる。
アメリカのサッカーも超特急だし、豪州サッカーも急進中だ。アデレードUとFIFA CWCで会った際にも感じた。
この中で自分はどうやって継続的に色々と仕掛けられるのか。どういうコラボが出来るのか。
どういう社会的に影響のあるムーブメントを起こせるのか、歴史を作れるのか。
こうしたことを話しているだけで沸々としてくる。 

この感覚は絶対に失くしてはいけないな、といつも感じる。これが欲しくて、仕事してるんだな、といつも思う。 

【忙しいのは自分だけじゃない】 

自分のスケジュールが2週間なため、お会いいただくことが出来た、リーグ関係者、チーム関係者、代理店関係者、
エージェント関係者、マスコミ関係者、選手の方々など先方の皆様にもスケジュールの無理をお願いせざるを得ず
(特に忘年会シーズン、FIFA CWC開催中、選手契約期間中など)、多くの方々に無理を言ってお時間を
頂戴する迷惑をかけることばかり。 

本当にこの駆け足で走り抜けるのが嫌だし、申し訳ない・・・。 

友達・家族・先輩・後輩とゆっくりと会う時間も当然あまりない。通勤に時間を要することは解りながらも、
あえて実家に宿泊した。朝ごはんは必ず両親、愛犬、祖母と食べるようにと。
ただ残念ながら友人の方はほとんど時間がなく、無理やりお願いして、夜に少し飲んだりをした程度。 

今回も自分の変なスケジュールに無理に合わせて頂いた部分もあり、本当に申し訳なく感じてますし、深く感謝しております。 

また、予期していなかった贈り物の数々にも本当に感謝しております。必ずNYよりお返しをさせていただきますし、
大事に家に飾ります。 

勘違いしてはいけないのが、「忙しいのは自分だけじゃない」、と言う点なんです。毎回言い聞かせ感謝しています。 

色々と自分の仕事や今後の方向性について考えさせられた。母国に帰っても、プライベートでは帰っていないのと同じだな、と。
今後この現象をどうしようかと。 

【パンパシ】 

パンパシはパンパシで自分の長男なので、その育児も精一杯頑張った。アメリカと日本文化の間で揺れるハーフな長男なので、
色々と育てるのが文化の相違で辛い。 

ただ、お蔭様で関係者各位様の御尽力で、近日中にプレスに発表出来る所まで漕ぎ着けられそうかな、と感じている。
今は出来の悪い、まだ1歳の、でも将来性はある長男なので、育て甲斐がある。育て甲斐がある仕事じゃないと面白くないし、
この子は大物に将来なると確信している。 

【雑記】 

個人的に日本でしようと思っていたことは、駆け足ながら大体出来た。 
・母のご飯 
・食事(色々な方々のお陰で体験でき、本当にありがとうございました-チャンコ鍋、モツ鍋、和食カウンター、
お寿司、ラーメン、焼肉、居酒屋、青学学食、天丼、Jクラブのクラブハウスの食堂) 
・サッカー用品を見る 
・サッカー観戦 
・深いお風呂・健康ランド 
・スーツカンパニー・ユニクロ 
・サカツクDS購入 
・母校を訪問 

【不便】 

少し不便に感じたのはアメリカのように公共のWiFiがないこと。外出しっぱなしの時、
打ち合わせと打ち合わせの合間にノートPCを開いてもネットに接続出来なかったのは結構時間のロスだった気が。
特にアメリカへのレポートに大きな時差が生じてしまった。 

家電屋さんに行ったら小型ノートPCとEmobileなるものが格安で販売していて、次回はこれを購入しようかな、と思案中。 

【最後に改めて】 

最後に繰り返しになってしまいますが、忙しいのは皆同じな中、無理やり自分のために時間を割いて下さった皆様、
本当にありがとうございました。大先輩のYさんには空港まで送っていただいてしまいました・・・。
また、今回時間の都合がつかず、お会いできなかった皆様、どうかご容赦ください。もっと環太平洋事業を拡大し、
自分でもっと時間の切り盛りが出来る立場になり、出張が多くなるように引き続き頑張る所存ですので、
その際にはどうか宜しくお願い申し上げます。いつも変わらぬご支援誠にありがとうございます。



------------------
12月12日(金)
そろそろ

自分が何人なのだろうかと思い知らされるばかりだ。 

16年日本。 
16年+アメリカ。 

常に忘れず肝に命じてるのは「和魂洋才」。 

母国サッカー発展、世界に誇れるサッカー。 

そろそろ。



------------------
12月7日(日)
アメリカの年末

少し間が空いたけど、サンクスギビングデーがアメリカではあった。 

皆、実家に帰ったり、大体アメリカ中の企業は休みに入る。 

日本で言うならば大晦日みたいなイメージでしょうか。 

この後にクリスマスが来るのですが、日本と違い、年始は2日から始業なので、
このサンクスギビングが年末に家族とゆっくりとする時間となるのだろうか。 

自分は妻と家の大掃除。
そして、普段からお付き合いいただいている夫婦仲間たちと夕ご飯などに出かけ、
のんびりと過ごさせてもらうことが出来た。 

何よりも毎年、この時期が妻の誕生日なので、ブライアントパークで開園したアイススケートにも行ってきた。
満員御礼で360度に注意を払いつつ、人に衝突しないように、足元も気にしながら何とも気疲れをするスケートであったが、
久しぶりに「滑る」感覚が懐かしく、景色も都会のど真ん中で綺麗であった。 

そんな贅沢な時間もあっという間に過ぎ、PPCに向けて本格的に突入。愚痴をあまり公の場では具体的に書けないのだけど、
相変わらず相当不機嫌な顔をしてオフィスの中にいる。 

10何年後にはこの経験が肥やしになっているはず、と取り組んでる。 

そして、そんな中、その為の出張で日本に。 
NYの家を出てから、日本で荷解きをしてほっと一息つくのに23時間かかった。空港が遠すぎる。 

また、出掛け際には毎度のこと、MLSでは「2週間も日本?休暇?楽しんできてね?」と「全員」に言われる。 

本当に頭にくる。 
いや、違うんだよ、と言うのも「俺は仕事してるんだぜ」ってアピールに聞こえて間抜けだし。 

つくづく、「過程」よりも「結果」なんだ、と思うし、自分に言い聞かせてる。 

こんな不機嫌な自分ではありますが、仕事の合間に当然自分の時間も作りたいと思う・・・。







 


         Copyright © 2002 Takehiko Nakamura.
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO