ここは筆者の普段の生活を綴っております。


------------------
12月31日(日)
大晦日

2006年もあっという間に通過しようとしております。 

お正月らしい気持ちにもなれず、やっぱお正月は日本ですね。 
気温とかはさほど変わらないんだけど、何故だろう。 
お正月は日本特有なものなんでしょうね。 

簡単に今年を振り返ると: 

----- 
1月:インターリーガで4都市出張(HOU、McC、DAL、LA) 

初めてアシスタントプロジェクトマネジャーとなるものの、まだまだ見よう見まねの域 

1月:メキシコ代表USツアーvsノルウェーでSFへ 

------ 
2月:エルゴラッソ寄稿 

2月:日本代表vsアメリカ代表でSFへ 

ジーコ監督の3ヶ国語通訳。 

2月:メキシコ代表USツアーvs韓国でLAへ 

韓国のスポーツ紙に『唯二人のアジア人』として出演 
 

----- 
3月:メキシコ代表USツアーvsガーナでダラスへ 

ボラ・ミルチノビッチ氏と出会う 

3月:初TV出演 

3月:メキシコ代表USツアーvsパラグアイでシカゴへ 


----- 
4月:誕生日! 


----- 
5月:メキシコ代表USツアーvsヴェネズエラW杯壮行試合でLAへ 

5月:エクアドル代表vsコロンビア代表W杯壮行試合をNYで 


----- 
6月:ワールドカップをオフィスで熱烈応援、ジャピオン取材 
 

----- 
7月:スポナビセレクトBlog開始 


----- 
8月:FCバルセロナUSツアーでLA、HOU、NYへ 
 
初めてべニューマネジャーとしてテキサス州記録を塗り変える観客動員数記録(7万550人) 


----- 
9月:エクアドル代表vsペルー代表をNYで、初めてプロジェクトマネジャーになるものの、大失敗(2万4,000人) 

9月:日本出張 


----- 
10月:足首負傷・・・ 

10月:フットボリスタ取材 
 

----- 
12月:ハワイ出張 
12月:日本出張 
12月:FCJ蹴り納め 


と、振り返ると仕事のことしか書けない一年。 
なんてつまらない男なんだ!と思いつつも、良くやったなぁ、などと感慨にも耽ってしまいます。 

今年は合計で30強の試合企画・PR・チケット販売・運営をしました。ものすごい良い経験できたし、
来年に向けて自分の企画も手掛けられるようになった。 

来年はこ倍の60強の試合をうちの部署で手掛けることになりますし、自分のプロジェクト立ち上げも
2008年まで出来なくてはなりません。 

心身共に磨耗しますが、恐らくどの様な仕事に就いていてもそれは同じだと思います。
楽な仕事なんてきっとないと思います。 

それだけに自分の心の健康を保てる、日々ワクワク出来るような仕事に就ける喜びを噛み締めつつ、
感謝しつつ、来年はMLS3年目として飛躍の年にしたいと思います。 

同時に来年は仕事のみならず、親孝行とか、出張ではない休暇としての日本帰省を目標の一つにしたいと思います。 

今年も一年、本当に大勢の方々のお世話になりました。色々な数え切れないほどの励まし、アドバイス、
支援などありがとうございました。 
来年も何卒、宜しくお願い申し上げます。 

平成十八年師走



------------------
12月29日(金)
お前のせいだ

今日は予告通り秘密出社をして自分の仕事のみに専念。 

休日を返上して出社をしてきていた他の同僚にも、「今日は俺会社に来ていたこと内緒にしてね」と言って回った。 

時折自分も関与しているメールを無視することに心の痛みを感じつつ、おかげさまで、終えたいものは終えることが出来た。 

帰り際に、仲の良い同僚ダンとこの話をした。 

「いつも締め切り間際にどーんと仕事を落としてくるんだよ。だから休暇前にやれるだけ精一杯やって、
休日は自分の仕事をするために返上しているのに、それを知っているプロジェクトマネジャーは自宅作業をしながら、
色々と仕事を言ってくる。自分の休暇を自分の仕事のためにするために来ているのに不公平だよなぁ。」 

と、ぶつぶつと愚痴ったら、ダンが 

「それはタケが悪い。自分の休暇なんだから『自分の仕事のために自分の休暇を利用している、
だからあなたの仕事は今は出来ません。休暇に入る前にそれらの業務を言ってくれていれば出来たかもしれませんけど、
すみません、この僕の仕事も大事なんです』と、
はっきりと断らなければ。俺とか他の皆はそうだよ。上司であろうと、最後に責任を取るのは時間内に
プロジェクトを推進出来なかったプロジェクトマネジャーのせいになるんだから。
出来ませんって言えないタケにも非があると思うよ。」 

う〜ん。非常にアメリカ的発想と姿勢だ。 
頭では解っていても、それは出来ないだろう〜と思ったが、現にプロジェクトマネジャーの仕事のせいで、
丸々三日間も休暇をそれに費やしてしまったことも事実だし、今日はオフィスに来ていることを
内緒にしておかなければ、今日終わらせた仕事も終わらなかっただろうし・・・ 

完全分業制。明確な責任配分。自分の時間が優先。 

アメリカ人にはやっぱりなれないな、と改めて痛感した、両文化の狭間で考えさせられる意見でした。



------------------
12月28日(木)
秘密出社

休日返上出勤をしている。
それは自分の仕事を集中的に行うためでる。
でも元旦から開始するインターリーガのために、オフィスにいることを知っていることを良いことに
色々とインターリーガの仕事のお願いemailと電話が来る。

結局帰る頃には自分の仕事が殆ど出来ていない。

明日は誰にも内緒で出社します。
自分の仕事に専念します。



------------------
12月27日(水)
イライラ

年末を迎える2006年だが、2006年一番のイライラを体験している気がする。 

オフィスは年末まで休暇で閉鎖だが、静かなオフィスの方が集中出来るし、色々と終わらせたい仕事があった。 

しかし・・・・ 

時間通りに、期待通りの書類を上げてこない部下。 
ギリギリに書類に変更をする同僚。 
休暇中のくせに休暇返上で出社している僕に仕事を頼む者。 
約束を守らない者。 

こんなに憤慨をした日はない。 
最も非生産的な休日出勤日。 
あぁ、この憤怒をどこかに履き捨てなくては・・・。



------------------
12月26日(火)
クリスマス

クリスマスはのんびりと過ごしました。 
時差ぼけが抜けないために、気がつけば寝てしまう感じで、昼間は寝てばかりの気が。
夜はお洒落なレストランよりも、家でナイスな料理を作り上げ、ワインと共に食べ、DVDを借りて観て、
ソファに深ーく沈み、とても居心地の良い晩でした。 

また、このクリスマス休暇中にシルバーアクセサリーを先輩の工房で作る機会に恵まれ、
新しい趣味としてランクインしました。 
粘土を自分の好みの形にしていき、電気オーブン(?)で焼くこと30分。磨いて仕上げると、
99%純銀のオリジナルシルバーアクセサリーの完成です。 

先生によれば銅が混じっているティファニーのアクセサリーよりも純度が高いそうです(笑)。 

これからは、時間のある週末などにこの工房にもっと通おうと思います。



------------------
12月23日(土)
大先輩がまた一人・・・

青学サッカー部の大先輩がまた一人引退しました。  

一つ上で、皆に愛されてました。 

とにかくかっこ良く、裏表のないストライカー。 

ガクヤさんとの色々と面白可笑しい思い出が走馬灯のように回想されます。 

これで残るは、三浦アツさんのみ。 

後進が出てくること、名門復活と共に応援してます。 



------------------
12月23日(土)
知らなかった

上司サイモンと仕事中にアパートの話になった。 

「タケ、アパートの管理人さんにクリスマスの気持ち包んだ?」 
「は?」 
「クリスマスに、管理人さんに一年の感謝の気持ちを込めてチップを払うんだよ」 
「もう3年近く住むけど、一度もそんなもの払ってないよ」 
「信じられない!管理人さんはいまだにタケに優しいか???」 

サイモンのお父さんはその昔、アパートの管理人さんだったことがあったからこそ、信じられなかったらしい。 
慌てて、ワイン、チョコレート、そして気持ちのチップをクリスマスカードと共に包んで管理人さんに届けました♪ 

このクリスマスカードを選ぶとき、また最近学んだことを応用した。 
今まで何の気なしに「メリークリスマス」と言ったり、「メリークリスマス」と書かれたカードを贈ってきた。 

が、よーく注意するとカードには「メリークリスマス」とは書かれていないバージョンがある。
「良いお年を」みたいなものもある。 

その違いを大して気にしていなかったが、オフィスとかで、「宗教何?」と聞かれることがある。 
クリスチャンではないけど・・・、と言うと、 
「じゃぁ、メリークリスマスではなくて、良いお年を!だね」 
と言われる。 

アメリカにおけるクリスマスは商業的な面も日本同様に強烈にあるが、信心深い宗教行事としても
深く確立しているのだと知った。 
「クリスチャンじゃないのに、クリスマスをお祝いするの?」 
とも言われますしね。 

なので、管理人さんに出すカードも彼の宗派が解らなかったので、「良い年を!」というカードを選びました。 
そうしたら、それを渡す際、受け取った管理人さんの娘さんが「良いお年を!」と言ったので、
「メリークリスマス」のカードにしなくて良かったと思えました。 

いやはや、知りませんでした。



------------------
12月22日(木)
お決まりの年末年始

MLS入社以来、年末年始というものがありません。 
何故なら、毎年1月2日にメキシコクラブ選手権インターリーガが開幕をするからであります。 

今年も年末まで準備、元旦から出張ロードに出ます。 
ヒューストン、ダラス、LA、インディアナポリス 
これが終わった後に、年末年始の代替休暇をもらいます。 

今年リニューアルされたインターリーガ公式サイト 



------------------
12月19日(火)
ホリデー

アメリカでは日本のお正月のようにクリスマスが年末の目玉イベントである。 

来週にはオフィスが年末まで休みに入る所も多い。 

MLSでも昨日の夜は、レストランを貸しきって全社員によるホリデーパーティが行なわれ、
フラットスクリーンTVなど豪華景品のくじ引きが行なわれた。いわゆる日本で言う忘年会ですね。 

昼間は昼間で、会議室にてプレゼント交換ゲームが行なわれた。 

プレゼント交換ゲームでは、皆が2千円程度の包装されたプレゼントを持ち寄り、輪の中央に置く。
くじ引きで決められた順番に従って、輪の中心にあるプレゼントを一つ開けるか、既に空けられて他の人が
持っているプレゼントを横取りをして良いのである。カツラなどのふざけた物から、小型TVのように欲しい!
と思うような物までプレゼントは様々。 

横取りをされた人は他の人から横取りをして良い。自分が欲しいと思ったものを手に入れても、
全員がプレゼントを手に入れるまで、いつ横取りされるか、それが自分の物になるという保証がないドキドキ感が楽しい。
自分のプレゼントを守るためにあいつのを横取りしろと、言ったり、横取りされたものをまた取り返したり。 

そこでの皆のハシャギぶりはすごく、笑い過ぎて酸欠になり気分が悪くなってしまった。 

また、昨日は自分の年末契約更改もあった。今年の成果レビューに基づいての来年の年棒や、業務内容の話し合い。 
昨年に続き、最高額の年俸UP、ボーナス満額、来季プランを頂戴することが出来た。
本当にネルソン、及び、他の上司たちには感謝してもしきれません。 

実は出張から戻ったら、その間に仲の良かった同僚が1人クビになっていただけに、ゾッとした。
これで何人目だろう。気を抜くとすぐにクビになる・・・。終身雇用ではない成果主義だけに気を緩めるわけにはいかない。 
これを糧に、自分は引き続き精進し、3年目の来年は飛躍の年に出来ることを切に願っております・・・。 



------------------
12月18日(月)
帰NY

戻ってきました。 
いつもの如く瞬く間の出張。 
一日に最低3つは打ち合わせなり、何なりが組み込まれている強行軍。 

実家にはネルソンの配慮で2日弱帰れたが、年末帰省できないことを考えると。。。 

何か折角日本にいるのに、『仕事以外』の日本での家族との時間や、友達との時間や、
純粋に日本を満喫する時間がないことに、出張をする都度、疑問に感じ始めてもいる。 

それはこれからも考えて行かなくてはならないことだが、日本での『仕事』は、
いつもにも増して色々な方々のお力添えで、夢がまた一歩大きく進んだ気がしております。
いつも本当にありがとうございます。 

同時に前進すればするほど、今まで見えなかった力や、圧力も見えてきてたり感じたり、未知なる怖さも感じています。 

但し、これらを全てひっくるめて乗り越えなくては、叶えることが出来ない夢だということは
重々承知しているし、2年前から進めてきたこれが一日も早く立ち上がることに向けて歯を食いしばるのみです。 

<幾つか余談> 

・しかし、日本もNYも今年の冬は暖かい。嬉しいことだが、異常気象に心配もしてしまう。 

・日本の携帯電話には驚き。TV電話が出来る!時間がなくて会えなかった友達とTV電話で
少しは話しが出来たことがせめての救いでした。 

・ただあらゆる面で発達している日本だが、クレジットカードを使えないお店が多いことには少し困った。 

・仕事で滞在をしたホテルのサービスに感激。何でも部屋まで届けてくれる。しかも笑顔で。
アメリカのホテルには見習って欲しいもの。日本のサービス業は世界一だと思う。 

・母親のご飯と、家族で囲む食卓はやはり良いものです。 

・NYに向かう飛行機内の映画ラインアップは素晴らしく、3本も。全て号泣続きで、目が腫れ気味です・・・。
「フラガール」、「ワールドトレードセンター」、そして「マイアミ・バイス」。 

他にも色々とあったが、思い出したら書きたい。
  
 



------------------
12月7日(木)
明日から東京


ホノルルでの怒涛の打ち合わせツアーを無事に副社長と終えることが出来ました。朝9時から、
夜のついさっきまで一日中5個の打ち合わせを連続でこなしました。

やはり現地に入り、現地の権力者たちと膝を合わせて打ち合わせを行なうことが最も効果的なことだと
改めて実感しましたし、手ごたえ十分です。

ものすごく奇遇なことに、今日は真珠湾攻撃の日で、その65年後の今日、日本人の僕とアメリカ人の副社長が
共に日米にまたがるプロジェクトの打ち合わせを真珠湾の目の前で行なっていました。

また僕がハワイに来たのが7年前の卒業旅行のときだったのですが、副社長も7年前の丁度同じ時期に
ハワイにハネームーンで来ていたことにも奇遇を感じたし、今回打ち合わせをした現地のサッカーに精通を
している方も僕と同じ大学院のスポーツマネジメント修士課程を修了していたなど、本当に奇遇なことばかりでした。

さて、明日より東京ですが、本プロジェクトが引き続き前向きに進むことを願うばかりです。

本当、頑張ります。



------------------
12月6日(水)
観光じゃなくて仕事

ハワイに来てます。
飛行時間は日本に行くのとさほど変わらないのに、乗り継ぎがあると疲れるものです。
LAからハワイへの便では皆、ワクワクモードで異様に盛り上がっている。
隣の人も異常にフレンドリーで、「観光?」などと話しかけてくる。
家からJFK空港へのタクシーの運転手も「ハワイへ観光?」、オフィスの同僚にも「ハワイかぁ」と・・・。

明日の朝、上司もハワイ入りをするので、下準備をホテルで。
晩御飯は1人でお洒落なレストランに
行くのも何なので、ラーメン屋へ。観光客で賑わうワイキキの中心街の人の波を見ながら今度は
絶対観光で来ようと強く思う。

そろそろ寝ますか。



------------------
12月1日(金)
AGU

青学サッカー部が見事に関東大学サッカーリーグ1部復帰!
遠くからではありますが、応援しているし、嬉しいものです。

写真
とか見ていると昔の自分の時代などの懐かしい数々の思い出が走馬灯のように走ります。



 


         Copyright © 2002 Takehiko Nakamura.
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO