ここは筆者の普段の生活を綴っております。

------------------
11月30日(水)
皮肉

単調な生活だと日記を書く気が中々沸かないのですが、今日は一息入れようと、
少し変えました。外食です。
で、休みたいときは日本食。
自炊が多い中、こういうのは嬉しいものです。日本食というのもまた良いものですよね。

会社からレストランに向う最中、ものすごい人ごみ。そして道路封鎖。人ごみに
逆らって歩いていて、何かトム・クルーズの出演していた「宇宙戦争」のエイリアンから
人間が逃げ惑うシーンを思い出す(笑)。でもこの人ごみの原因は、エイリアンではなく
今日、ロックフェラーセンターにある巨大クリスマスツリーの点火。

サンクスギビングが終わってからはもう、街中クリスマス一色!新年の挨拶まで
してしまいそうな勢いです。どこもかしこもイルミネーションでライトアップされて
いるのを見て、思わず、普段こまめに電気とか消したり節電を心がけていることが
馬鹿らしくなってしまいました。

アメリカって本当に浪費大国なんですよね。。。。
改めてこの国のいい所である日に、嫌な部分を考えてしまいました(笑)。


ロックフェラーのツリー



------------------
11月29日(火)
強かさ

毎度のことで、書き飽きたし、聞き飽きたことでしょうが、「忙しいです」。
帰宅すると頭が真っ白で気がつけばTVをぼぉっと眺めている状況で、布団に
入っても頭が冴え渡って寝れず、悪循環です。

さて、そんなネガティブな部分はさておき、今日預かっていた大事な犬が無事に
帰宅しました。寂しいですが、でも仕方ないですし、楽しかったです。
連休の最中は一日中一緒に居たので問題はなかったのですが、会社が始まった
連休明けの初日、会社に出掛けるために家を出て鍵をかけた瞬間に中からドアを
一生懸命引っかき、ワンワン泣きじゃくる犬の声に胸がはちきれそうになり、
会社を休もうか、と考えてしまったほどでした。。。
一日中気が気でなく、至急帰宅。平和そうに家でお留守番しておりました。。。

やはり、家に誰かいるのであれば良いですが、仕事で家を空けることの多い
自分は、やはり犬のためにも飼わない方が良いと感じました。

最近は出張続きで、本当に家に居ません。。。
来週もメキシコ代表U17対アメリカ代表U17のためにロスに出張をし、その後も
NYに戻らずに出張り、年末は来年、元旦から始まる大会運営のために休みなしです。

仕事が厳しいのはやはり良いことでもあると思います。
厳しいにも色々とありますが、昨日、また一人突然解雇されました。。。
NFLからMLSに5年前に移ってきた方で、社内に波紋を起こしております。こういうのは
やはり肝が冷えます。。。
一方でウチの会社は今年、業績がとてもよく、何と非常に驚いたのですが、来年から
新たに3名追加されることを知らされました。これで合計8名です。

しかもこの内の一人は、サッカー界で国際的に名の知れている実力者で、
一緒に働けることをとても楽しみにしています。
同時に色々とこの人から得られるだけ得たい、と強かになろうと思っております。
そうでもないと、ある日突然、僕のクビが飛びますので。。。

仲間が増えるのは良いことですが、同時にライバルでもあるという意識も持って
いないと、と思わされております。。。
上司であっても、同僚であっても。。。

何か嫌な考え方でもありますね。。。



------------------
11月27日(日)
サンクスギビング備忘録

アメリカにおいてクリスマスに次ぐ家族イベントの長期休暇、サンクスギビングが
本日で終わりそうです。4連休を利用してカリブ海地域に出掛ける人々、家族が皆
一同に介する家々、この時期特別のセールに皆で繰り出す人々。
今年が終わったのではないか、と感じさせるホリデーでありました。

そんな中、僕は相変わらずのお忙しいモードで、会社のPCや資料を持ち帰り、
自宅作業。休日返上で、どこにも行かない代わりに、海外旅行に行く、いつも
公私共に深くお世話になっているSさんご夫妻の大事な愛犬(デューク君)を我が家で
預かることに。愛犬家としては犬を飼いたくて仕方ないのですが、帰国など
諸々のことを考え、このドッグシッターを好んで引き受けております(笑)。

今回は今までのプードルではなく、キャバリエで、どんな犬なのかなぁ、と思っていたら、
ものすごく大人しい。作業をしている椅子の横でスヤスヤと寝ております。起きると
ボール遊びが大好き。何度ボールを投げてもそれを飛んで取りに行き、戻ってきて
目の前にポトンと落として「もう一回投げて」と、円らな瞳で訴える。無視をすると、
こちらがボールを拾うまで口でくわえてはポトンと落とすか、鼻で僕に当たるように
転がす。。。
「投げてよ」
充実したキャッチボールでした。。。
躾もよくされており、また賢く、こちらの言うことを理解する。
明後日帰宅するデュークくん、ドッグシッターの運命ですが、今回に限らず
犬とのお別れがいつも辛くもあります。。。

サンクスギビングは、通常、ターキー(七面鳥)の丸焼きを食べるもの。
そこまで大きなものは食べきれないので、NYに残っている友人たちで集まり、
自宅で手作りピザパーティ、そして一応チキンを。束の間の休息を得ることが
出来ました。

他には、3年前、UMASSに留学をした初日に同じスポーツマネジメントで
出会った後輩のY。それ以来、NYまでも一緒で、色々とお互いに仲良くこの
3年間過ごしてきたのですが、ついに彼も日本へ帰国する日に。。。
(アメリカでの)最後のお別れをしました。

色々と彼は奮闘をしてきたのですが、最後は納得の行かない理不尽さの前に
一旦帰国をすることになりました。しかし、それは決して後ろ向きなものではなく、
彼は彼の持てる実力を全て出し切り、日本で更に磨きがかかるであろうと感じて
おります。飛行機に彼が乗る当日はやはり寂しいものでしたね。。。
また再会出来る日を本当に楽しみにしています!

他には、もうすぐで留学を終え、日本にて某Jリーグチームのフロント入りが
内定しているSさんとも1時間強と僅かな時間ではありましたが、お話をする
機会にも恵まれました。感じのとても良い、物腰柔らかな彼ともまたいつか
お会い出来ればと考えております。

さて、明日からはまた怒涛の日々。
12月は連続で3箇所に出張です。
二日かかって仕上げた資料につぎ、もう一つ今から終えます!

追伸:三浦知良選手がオーストラリアで2得点!素直に嬉しかったです!

追伸2:自分の大先輩で、すごく応援をしているY選手がプレーをし、且つ自分の多くの
知己の務めるにチームにとって非常に無念なニュースに、自分も深く残念に感じております。。
信じておりますし、応援しております。。。

 
(左)先日出張をしたヒューストンのReliantスタジアム、(右)デューク君!



------------------
11月23日(水)
MLSピクチャーズ

明日よりアメリカではサンクス・ギビングで4連休。
皆、アメリカ人お得意の「ファミリー愛」で里帰り。
オフィスも今日は2時でお終い。
皆早々に帰る、帰る。。。国際部以外は。。。
国際部を除いてオフィスはガラーン。
会社に荷物を持ってきていてその足で大部分の人が里帰り。
広大な国で、個人主義なため、皆こういう時期に普段気軽に会えない家族の集まりに
飛んでいく。それでも国際部は最後まで遅かったです。。。

帰り際に副社長に「この休暇が今年最後だと思う。」と。。。
そうです。W杯まではイベント続きなもので。。。
家にはこの休暇中も自宅作業故、思いPCをかばんに、買い物で浮き浮きしている
人ごみの中帰りました。
年末は日本に休暇では帰れなさそうです。
母ちゃん、父ちゃん、ごめんなさい。。。今度帰国するときにはゆっくりと家族団らん
しましょうね。
ふと、昔読んだケストナー作の「飛ぶ教室」を思い出してしまいました(笑)

そういえば、MLSピクチャーズというものが、MLSとアディダス社の協力のもと、
作成されました。先日開催されたMLSチャンピオンシップカップのドキュメンタリーです。
手前味噌で何なんですがカッコいいです。

ロッカー内の様子や、試合前、試合後の映像が盛りだくさん。
準決勝決勝(月曜日より公開)
両方のものが観られます。
お時間があれば是非観てみて下さい。MLSも中々やりますよ。



------------------
11月22日(火)
リアルゲーム

気疲れのすることは絶え間なく続きますが、それでも何とかしなくてはなりませんね。
今日は諦めかけていたプロジェクトに関して、社長・副社長に呼ばれ急展開。
「・・・そうですか。」
ここから。。。です。

そんな中、昨日のこと。
実は午後いっぱいを使ってオフィス全員参加のアクティビティが行われました。

人事部主導で、外部から企業向けのチームビルディングのコンサルタンティング会社を
雇い、午後一杯、全員参加のゲームを実施した。
アメリカでは有名な「Clue」という盤ゲームを実際にマンハッタンの街中で
実施したのです!

社員60名強を10チームに分け、皆でマンハッタンに繰り出しました。街中に、一般の人に
紛れているコンサルティング会社が実際に雇った俳優・女優を見つけ出し、アリバイを
聞いたり、電柱やゴミ箱に貼り付けられている指紋を収集したり、マンハッタンの地図と
照らし合わせながら殺人現場を割り出したり、他のチームと携帯電話や、
モバイルを駆使して殺人に使用された武器を割り出したりしました。
午後いっぱいかけ、結果、僕らのチームはビリ2。。。

分業に走るチーム、チーム一丸でやるチーム。それぞれ良い点、悪い点が浮き彫りに
なり、ゲーム後の社員全員のこのゲームの総括ではなるほど、と思うことも多かったです。
分業すれば速いけどコミュニケーションが疎かになりがちだったり、情報共有が
できず粗くなったり。逆にチーム一丸で一緒にやると、皆で情報共有が出来、共通理解の
もと綿密に協力できるけど、スピードが圧倒的に遅いなど。
普段の仕事でも一緒である、ということを従業員に気づかせる意味もありました。

初めは仕事がたまっておりそんなものに参加できない、と思っていましたが、
ネルソンは「それでも参加しなさい。忙しいのは皆一緒だ。俺はむしろこの
ゲームでも俺ら国際部に活躍して欲しい。」と、僕とアレハンドロを諭しました。
他の部も皆、色々な仕事を預けつつ参加。

公私を分ける傾向にあるアメリカ。仕事も分業が多く、その上、仕事帰りに
上司と部下での飲みニュケーションも少ない。
中々オフィスの中での連帯感などを強める機会が、仕事以外少ない。それだからこそ
こういう人事部主体の社内イベントが開催されたり、実際にそういうサービスを
提供する企業コンサルタンティング企業が存在するのだと感じました。
普段仕事での関わりが少ない他のスタッフとも共同作業をワイワイと行えた
面白い体験でした。



------------------
11月21日(月)
新規加入

何度かこの日記に書いてきましたが、自分の所属する国際部は4名で成り立っている。
この4名には社長と副社長がおり、実質日々の業務は全て2名で回している。
やはりストレスも摩擦も生じるし、しんどいことも多い。
しかし、この度、そんな我が部に朗報が届いた。

これもまた自分の去年のBlogを読んでいただくと、頻繁に名前が出てきますが、
自分がインターンをしていた広報部の部長が国際部に異動になってきた。
自分をインターンの座から正社員に後押ししてくれた一人で、二人で遅くまで
仕事をしたり、一緒に出張に出た上司だ。僕は彼が同じ広報部の同僚とお付き合いを
していることを知っていた数少ない一人でもあった。

彼はこの度、堂々とその同僚と結婚をし、我が部国際部に異動してきた。
すごく熱く、オフィスの中でもサッカーの造詣が深く、皆に一目置かれている部長だし、
正直嬉しい。

これで国際部は社長、副社長、部長2人(二人とも実は僕の一つ上)、そして平社員の僕(笑)、
合計5名。

単に人が増えたこと以上に、合流をしたのが彼・サイモンであったことが余計に
嬉しくさせてくれた。
学べる環境がまた整いました。



------------------
11月20日(日)
回顧後悔

週末。出張続きで、10月中旬以来のゆっくり時間の流れた週末。
アパートの外で走り回る子供たちを見る余裕も。

マンハッタンで開催されていたコンベンションに出掛けたり、日本に直に帰ってしまう
後輩とランチをしたり、普段から公私共にお世話になっているD社先輩Sご夫妻と夕ご飯に
出掛けたり。
2週間ぶりに洗濯物をしたり。滞っていた多くのemail類の返事をしたり。電話を方々に
したり。

良かったです。

そう言えば、日本の先輩からのemailでこの週末のNHKに僕のインタビューが放映された
ことを知る。 

思い返せば、先週お昼ご飯を買いにマンハッタンを歩いているときにいきなり、NHKの
突撃インタビューを受けた。 

「松井秀喜選手契約更改しましたが、どう思いますか?」 
「高いと思いますか?」 
「NYに住む同じ日本人としてどう思いますか?」 

恥ずかしいことに、このニュースを知らなかった。しかもインタビューを終えた後に
思い返せば、思い返すほど、あー言えば良かった。こー言えば良かった。と後悔。 

没になるだろうと思っていたほど、普通過ぎる対応だったのに。。。
採用されたのですね。。。 

余計にあー言えば良かった。こー言えば良かった。と回顧。



------------------
11月18日(金)
子ども扱い

3−0でブルガリア代表がメキシコ代表を破り、メキシコ代表USツアー2005は
残す所あと1試合となりました。次戦は来月14日にフェニックスにてハンガリー代表
との対戦です。ヒューストン滞在中はいつも通りてんてこ舞いで寝る時間もほとんどなく、
今は明日からの週末にとことん休むことだけを楽しみにしています。

NYへの飛行機は寝てしまっていたのですが、ウトウトしながらこのイベントのことを
考えていました。メキシコ代表の試合なので、方々から色々な人が集まります。
その中で何人かを空港とホテルの送迎をしました。
送迎は単調な作業でありつつも、VIPの場合はリエゾンには任せません。
きちんとMLS/SUMの従業員が行います。その従業員の中でランキングの低い僕がその任に
何度か当たったのですが(笑)、車に二人ですから色々とそういうVIPから貴重な
話が聞ける機会でした。意図的にそういう機会をSUMの上層部が僕に作ってくれていたと
後で聞きました。

先ず一人目はCONCACAFのお偉方。25歳時のNASLのチームのGMを務めた経歴を
持つ女性。年齢を聞かれたときに、「29歳?まだまだベイビーね。この業界、大変な
こともあるけど、あっという間に過ぎるから焦らずに楽しみなさい。大きな可能性が
眠っているからね。」と。

二人目はメキシコサッカー協会を色々な方面からサポートしている世界有数の富豪。
「29歳なのか?童顔だなぁ。これから確実に楽しくなるから、焦らずにな」と。

いつも他の方々からも言われていることなのに、何か絶妙なタイミングでした。
焦ったり、気張ったり、デカイことをしてやろうと言うオーラを出しすぎて
いたんでしょうね(苦笑)。
週末は兎に角この疲れを癒し、次の試合に向けて英気を養いたいと思います。

PS:この出張中、部屋の移動など色々とあり、メールや電話の対応が出来ずに
ご迷惑をお掛けしてしまい、大変失礼致しました。



------------------
11月14日(月)
ストイチコフ

早朝の便に乗るためにNYの自宅を早めに出る。
外はまだ暗く、すっかり冬の寒い朝。しっかりと着こんでヒューストンへ。
到着したら。。。「暑い!湿気がすごい!眩しい!広い!」
でした。

ブルガリア代表担当に割り振られ、ブルガリア代表とそのエージェント会社を
迎えにスタッフと共に空港へ。

そのエージェント会社の代表としてヒューストンに派遣をされてきた、元トッテナム・
ホットスパーズの選手であったティム・オシエ氏など先ずお迎え。
香港でのプレー経験も持ち、ベルディ川崎(当時)と対戦した際のラモス選手と、
ビスマルク選手への賞賛を惜しまなかった。
続いて、イメージしてた通りのストイチコフ監督を先頭にチームが到着。

チェックイン後のスタジアムでのトレーニングでも、ストイチコフ氏を見ている
だけで、面白い。現役の選手たちに交じりボールと戯れるそのメンテナンスされた姿や、
一番盛り上がっている姿、球回しでは誰がどう見ても彼のミスなのに中に入らない
姿。スターの放つオーラというか、日本的に言えば「悪童」と評されるであろう
そのオーラがひたすら目立つ彼でした。
インタビューでも威圧的で、全然周囲を意に介さない。思ったことをそのまま言葉にする。
「今回の試合で得られるものは?」
「そんなもの特にないでしょ。」
などなど。

幾つになっても我侭と言うのか、強烈な負けず嫌いと言うか。
一緒にトレーニングを見てたオシエ氏も「ストイチコフの左足は未だに衰えて
いないねぇ。。。」と、ため息交じりの本人もボールを蹴りたくて仕方ないようでした。

芝生の匂いが混じるわりかし涼しい夜風でありつつも、強い湿気がまとわりつき、
ナイターの明かりが夜露に光る綺麗なフィールドの上で、ヒューストンの夜に何か
とても良いものが見れた気がしました。



------------------
11月13日(日)
MLS CUP ギャラクシー優勝

ABCでの中継で観戦。
応援をしていたレボリューションは惜しくも敗れた。。。
残念だったが、満員に近いスタジアムと盛り上がりが嬉しかった。
(MLSコラム)
そして弱冠23歳にして米国サッカーのマイケル・ジョーダンと称される
ランドン・ドノバンに惚れ直した。
彼と共に米国サッカーは2010年W杯優勝を目指すのだろう。
(ハイライト)
(写真集)

さて、今週の水曜日は自分の国際部の仕事。
メキシコ代表vsブルガリア代表。
ヒューストンで気張ってきます。



------------------
11月11日(金)
強くなります

日記とは、ある程度のモチベーションや、張りや、余裕がないと書けないものだと
最近考えます。

と言うのも、長期出張から戻ってから全く書く気にならないのです。正しく言えば
書く気力も失せるほど帰宅したときにはヘトヘトなんです。
気がつくと寝てしまっているので、帰宅したら先ずはコンタクトレンズを外すように
しています。

光陰矢のごとしとは良く言ったもので、本当に瞬きをする間にもう2週間。
したいプロジェクトも出来ず、歯がゆく、目前の仕事に忙殺されて行きます。単に
能力不足なのかもしれませんね。

何回打ち合わせをしたことでしょう。何回資料作成し直したことでしょう。
何回テレコンをしたことでしょう。この忙しさがW杯まで続きます。
この山を越えれば・・・と言う心境で自分を励ますには先が長すぎます。
こう言う時は目前のことを一つずつ片付けるしかないのですよね。解っています・・・。

7ヶ月で20試合国際試合を運営・マーケティング・交渉しなくてはなりません。
自分のやりたいプロジェクトとは別にです。
いやぁ、言葉に表現できない、怒りのような、イライラのような、途方に暮れる
ような、なんともドロっとしたこの感覚が気持ち悪くて仕方なく、夜中に目を覚ます
ことも多々。

毎日、4人(含む社長・副社長)しかいない国際部で、緊迫しまくった会議の連続。
雷もよく直撃します。
他のMLS国内組のいないオフィスに4人、遅くまでいることもあります。

それでもサッカー。自分の支え。それを観ていると涙が出そうになります。
こんなにも幸せな仕事、環境にいるのに。
贅沢病ではないかと考え込む。
世の中に楽な仕事なんてないはずです。
すぐに自分に甘くなり、現実逃避をさせてしまう自分が嫌でもあります。

雪が今にも落ちてきそうな気温になってきたNY。通勤時に風が鋭くなってきました。
来週は20試合の内の1試合目(メキシコ代表対ブルガリア代表)を片付けるために
ヒューストンに飛びます。先ずは一歩目から!


朝の通勤



------------------
11月6日(日)
気分転換3

Major League Soccer(MLS)のプレーオフ準決勝を自分の応援をする
New England Revolutionsが見事に勝ち抜き、13日にダラスに新設された
17面ものサッカーフィールドを併設するピザハットパークにて開催される
2005 MLS Championshipに出場をすることになった。

ESPN2での全国放映。
試合後、すぐさま助監督のPM氏にお電話。留守番電話になり、期待をせずに祝福を
録音したら、折り返しかかってきた。本当に嬉しそうで、良かったです。

自分自身マサチューセッツの大学院に行ったため、Revsをどうしても注目してしまう。
ダラスで対戦をするのはロサンゼルスの雄、LA Galaxy。
アメリカ代表のエース、ランドン・ドノバン率いる名門中の名門。

対するRevsは、フィエノールトを初め欧州クラブが興味を示す、昨季新人王、フル代表
レギュラー定着のクリント・デンプシー。を中心としたアメリカ代表5名を要する。
とても楽しみだ。

アメリカサッカーも熱いですよ!


(彼はドノバンと同様にアメリカを代表する
ワールドクラスな選手になります)



------------------
11月5日(土)
気分転換2

寒い日が続くNYで久しぶりに温暖な土曜日。
怪我は治っていないものの、久しぶりにFC Japanの皆に会いに出掛けました。
練習後に皆が集まるマンハッタンのお店に合流。
久しぶりに皆の顔を見れて、また良い気分転換が出来ました。
怪我も早く治さなくてはなりません。



------------------
11月4日(金)
気分転換

出張から戻り、行き着く間もなく、相当タフな1週間でした。
昨日は朝方まで
ほぼ全員が残業をし、ピザの出前を取りつつ何とか頑張りました。
おかげで今朝は午前休。5時強制退社命令。
息が詰まって仕方なく、イライラが募り、お誘いを受けたレセプションパーティに
出不精の自分が気分転換のために出掛ける気になりました。

この週末、NYの大きな祭典、NYマラソンが開催されるのですが、全米一大きい
「ランナーズワールド」と言う雑誌社が、参加ランナーや、スポンサーを
招待しての前夜祭。丁度、日本からNYにこのイベント取材にいらしており、
日本でもお世話になっているKさんをお誘いし、出掛けました。

マラソンを通して勇気を与えてくれたとして、毎年10人の方がこのパーティで
表彰をされるのですが、今年は、戦争で身体が不自由(足を失った、失明してしまった、など)
になってしまった方々をマラソンを通して励ます団体や、ランニングシューズを
走りたいのに、走れない子供たちのために募り、に寄付をしる活動をしている女性、
無料で子供たちにマラソンの良さを伝えるチャリティ活動をしている女性、
両方の肺を難病から置き換える出術に成功をし、26年目にして初めて走れて、
大会に優勝した方など。
それぞれのハイライトビデオでは、足がなくても必死にNYマラソンに向けて
練習している姿や、靴を集め回る姿など、胸を打たれました。

このパーティに来て、何か、自分の小ささを感じさせられる、でも良い切り替えに
なったなぁ、という気持ちを胸に帰宅できました。

さて、週末は佳境を迎えているMLSプレーオフ準決勝です!
是非見てみてください!

5日土曜日夜9時(東部時間)(Fox Soccer Channel)
LAギャラクシーvsCOLラピッズ
(オンライン)

6日日曜日昼3時(東部時間)(ESPN2)
NEレボリューションvsCHIファイヤ
(オンライン)


やっと工事の終わったグランドセントラル


------------------
11月1日(火)
いっぱい、いっぱい

長期出張から戻り、先々でお世話になった方々には本当にここでは感謝しても
しきれないほどです。学ぶことも多々ありました。もっともっと頑張らねばと刺激も
沢山受けました。

それ故、

頭は夢への期待と不安でいっぱい。
身体は移動と宴の後遺症でいっぱい。

心身ともに余裕がなく、しばし日記も休もうかと思案中。
また間が空きますが、機を見ては見に来てください。


 


         Copyright © 2002 Takehiko Nakamura.
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO